L E C Z A

革製品の色を自分で染める
3ステップ

■目次

ステップ1. 色が直せる革について

ステップ2. 色を直す材料について

ステップ3. 色を直す技術について

■はじめに

革製品の染色補修は専門的な知識や技術が必要とされます。

それは使用する材料や道具の知識や技術が難しいからです。

専門の技術講習会・勉強会に参加し、技術を磨いている方は

染色補修のプロとして活躍しています。         

技術を活用し、修理業として革の染色補修にて報酬を得たり、

リユース業であれば商品の手直しをして価値をあげたりと、

活用方法はいろいろとあります。            

先ずはご自分の革製品を染め直しながらお試しください。 


ステップ1.色が直せる革について

革の色直しで比較的簡単なのが、顔料で仕上げられた革です。

一般的にスムースレザー(表革)と称される革になります。 

このタイプが革製品の中で一番多く使われている革です。  

革表面がツルツルしていて、革表面に色が塗られている革です。

表面の光沢が高いものから、ツヤが無いものまであります。 

この顔料で染色されている革は、表面に色が付いており、  

擦れや日焼けで色が薄くなります。            

キズなどで表皮が削れている場合は、革の中から繊維が出て 

毛羽立っている場合があります。             

このような革の場合は色を塗って直すことが出来ます。   


対照的な革としてはスウェードなのですが、        

これはスムースレザーの裏側を使って商品にしています。  

このタイプの革は専門的な知識と技術が必要となりますので、

初めての方には難しくなります。             


色を直せる革かどうかを見極めるのは技術ではなく知識です。

革製品をよく観察することで身に付く知識となります。   

ステップ2. 色を直す材料について

革の色を直す場合、顔料で塗られている革の場合は     

同じ顔料を使用して直します。              

革に使える顔料は、革に馴染むように柔らかく、そして伸縮 

しなければなりません。また、しっかりと革に密着する必要 

もあります。革に塗って問題ないものを使用しましょう。  


染色材料についてはこちら

色を直す場合は、色を合わせることが必要となります。    

黒であればそのままく塗ることができます。         

しかしその他の色は色を調合する必要があります。      

調色する場合は、色の調合表を利用する方法もあります。   

また、技術講習にて色の調合技術を身に付けることもできます。

はじめての方は、黒から進めるとマスターしやすいと思います。


色の調合表についてはこちら

色の技術講習についてはこちら

ステップ3.色を直す技術について

自分で直せる革の場合は、色を塗って直すことができます。

最初は色を塗る道具は刷毛や筆を使って塗ってみましょう。

もっときれいに直したいと思ったら、スプレーガンを使って

直す方法があります。                 

しかし技術的に難しいので慣れてからが良いと思います。 

はじめはツヤが少し違ったり、色が少し違ったりしますが、

まずは色を塗って直すことから始めましょう。      


ここまでが特殊な技術を伴わない、自分で直せる補修となります。

■最後に

自分で染色できる革はありますので、是非お試しください。 

はじめから難しい革を選んでしまうと上手くいきませんので、

簡単なものから始めるようにしてください。        

技術講習についてはこちら

染色補修の注意点
HOME
ホーム
Company
会社概要
Contact
お問合せ