L E C Z A

革製品
 自分で染め直すか 直してもらうか


■目次

1.革のメンテナンスとリペアの違い          

2.特殊な技術 革の修理(染め直し)         

3.修理を依頼する場合のポイント           

4.4.革の修理(染め直し)のメリットとリスク     


■はじめに

普段使っている革製品である靴やバッグを      

定期的にお手入れしていますか?          

革好きの方であればいらっしゃると思いますが、   

“なかなか定期的には”という方のほうが多いですよね。

大半の方はあまり気にせず使っていて、       

痛んできたら買い替えるのではないでしょうか。   

また、シーズンやトレンドに合わせた革製品は、   

お手入れする前に使わなくなりホコリをかぶったり、 

今ではメルカリなどで転売する方もいますよね。   


しかし高価なブランドバッグやお気に入りの靴などは、

できれば長く使っていきたいものですよね。     

長く使うことで愛着が湧いてきたり、        

革の風合いが増してくるのも革製品の良いところです。

革製品のお手入れや修理についてよく理解し、    

お気に入りの革製品を長く愛用していきたいものです。

1.革のメンテナンスとリペアの違い

革製品を普段からお手入れ(メンテナンス)している方は、

お気に入りの使い慣れたお手入れ商品を持っており、   

使い方もしっかり勉強して熟知していると思います。   

しかしながら修理(リペア)のレベルまでの知識や技術を 

持っている方は少ないかと思います。          

では、お手入れと修理の違いについて見ていきましょう。 


■革のお手入れとは

お手入れを簡単に言うとコンディションを整えるものです。

例えば、                       

革が硬く感じてきたので保湿クリームで柔らかくしたり、 

革が少し汚れてきたのでクリーナーで拭いたり、     

靴の色が少し抜けてきたから靴クリームで補色したり、  

こういったものがお手入れになります。         

市販されているお手入れ商品で対応可能なレベルのものです。


■革の修理とは

修理とは、お手入れ商品では改善できない状態の革製品を、 

専門性の高い技術や資材を使って改善を図ることをいいます。


例えば、

靴のつま先に深いキズが付いてしまったり、        

バッグの角が削れて革が剥がれて色が落ちてしまったり、  

革ジャンが日焼けして全体的に色褪せてしまったり、    

などなどです。                     


修理(リペア)をするためには、革製品に対するお手入れの   

知識だけでなく、革の構造や仕上げの知識ををしっかり理解し、 

革の色やキズを直すための技術を身につけなくてはなりません。 

つまり、専門的な知識と技術が必要とするものが修理となります。


今では多くの修理業の方が行っている修理ですが、       

すべての方が同じレベルで修理を行っているわけではありません。

市販されている補修剤や塗料でとりあえず直す業者さんもいれば、

革製品に適した技術を身に付けて補修剤や皮革用塗料を使って、 

風合い良く修理してくれる業者さんもいます。         

業者さんによって考え方や直し方が様々ということです。    


2.特殊な技術 革の修理(染め直し)

一般的な靴やバッグ修理は、壊れたり痛んでいる部分を直す    

いわゆる外科的な処置です。                  


例えば、                           

靴の底が減ってきたので、別の底材に取り替えたり、       

ファスナーが壊れたので、別のファスナーを付けなおしたり、   

金具が壊れたので、別の金具を取り付けたり、          

別のパーツに付け替える修理となります。            


一方、革の修理は既成の取替できるパーツがありませんので、   

キズが付いたらその部分を適した材料で埋めて染め直したり、   

色が褪せたら同色の塗料で染め直すといった処置をします。    

革のキズの補修や染め直しについては特殊な技術を必要とします。 

キズの程度によって処置の方法や使用する材料を変えたり、    

革を染める場合には、重要な作業となる同じ色を作る技術と、   

風合いを出す仕上げや加工の技術が必要となります。       

修理とは簡単に出来るレベルではないということです       

革を自分で染め直してみたい方はこちらをご覧ください

3.修理を依頼する場合のポイント

革の修理を受付している修理店は増えてきており、        

個人店・チェーン店・フランチャイズ店と、多くが行っています。 

修理を依頼する場合、修理をしている店舗を調べると思いますが、 

一番悩むのが、どこに出したら良いか、ではないでしょうか。   

お店を選ぶとき考えるのは、近いところ、取りに来てくれるところ、

配送できるところ、あとは修理の料金ではないでしょうか。    

しかしながらそれで選んでしまうと後悔する可能性があります。  

なぜならば革の修理はどこに出しても同じ仕上がりになる、    

というわけではないからです。                 


革の修理に対する技術や知識は、お店によって全く違います。   

お店を選ぶ際には、場所や利便性、料金は大切ですが、      

もっとも大事なことは正しく直してもらえるかどうかです。    


お店を選ぶときには、お店のホームページなどを調べると思います。

一般的にはビフォア・アフターの画像が載っていると思いますが、 

大抵上手くいった仕上がりの良い商品が載ります。        

(あまり上手くいかなかったものは載せません。)        

そのなかで自分が依頼する商品と同じものがあり、きちんと詳細まで

コメントされているお店であれば依頼しても良いと思います。   

しかしながら同じものが無かった場合が重要です。        

お店に問い合わせても、『商品を見てから』と言われるはずです。 

その場合のポイントは、ビフォーアフターの商品画像などに    

依頼する商品と同じ色の商品が載っているかを調べます。     

依頼する商品が黒や茶色であればほとんど載っていると思いますが、

パステル系や特殊な色の場合、そのような色が載っているお店の方が

色をしっかり作って直してもらえる可能性が高くなります。    

また、今ではLINEなど画像添付で見積もりできる店舗もあります。 

そういったお見積りをしているお店を活用するのも良いと思います。

革製品は、見た目だけではなく触れたときに品質がわかります。  

お店を選ぶ際にはきちんと調べてから依頼してください。     

革の染め直しを依頼したい方はこちらをご覧ください

4.革の修理(染め直し)のメリットとリスク

革の染め直しをする場合、注意しなければならないことがあります。

色を直す場合は、塗料を使って染め直していきますが、それを単に 

塗るだけでは風合い良く仕上げることができません。       

正確な知識と技術が無ければきれいに仕上げることができません。 


例えば、                           

革のバッグやジャケットにシミが付いてしまった場合、      

そういった革を修理するときには注意が必要です。        

シミができる革というのは、染み込みやすい革ということです。  

また、シミにならない革は、染み込みにくい革ということです。  

シミにならない革は汚れがついても、すぐ落とすことができます。 

革用の塗料で革を染め直す場合は、なるべく革に塗料が染み込まな 

いようにしなくてはなりません。                

もし革が必要以上に塗料を吸ってしまうと、革の中に吸収された  

塗料が革の繊維の中で固まるため硬くなる可能性があるのです。  

そのため、柔らかい革やシミになりやすい革を染め直す場合は、  

高度な技術とそれに見合った資材が必要となります。       


しっかりとした技術で染め直すことで、日焼けによる色褪せや   

シミや汚れ、カビなどの跡を分からなくしてしまうことも可能です。

そして革の硬さも気にならない状態で仕上げることができます。  

■最後に

革製品はお手入れを定期的に行うことで長く使うことができますが、

保管状態や使用状況によりお手入れでは直せない場合があります。 

そういったときに、自分で染め直すか、業者に直してもらうか、  

どちらかを選択することになります。              

しっかり情報を得て、慎重に選ぶようにしてください。      

HOME
ホーム
Company
会社概要
Contact
お問合せ